スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
花かざり
2008 / 06 / 10 ( Tue )
東南アジアや南アジアに行ったことがある人なら分かると思いますが、車で信号待ちなどしていると窓をトントンたたき様々な物売りが来ます。
いつもは相手にしないのですが、たまたま5,6才くらいの女の子が花飾りを売りに来ました。
自分の娘と同じくらいの子だったので、気の毒に思い、窓をあけ日本語で一つくださいと、値段も分からず適当に支払いし窓を閉めました。
するとまたその子はそこから離れずきょとんとし、再び窓をトントンたたき、今度は2つ花飾りを持って私に差し出しました。
私は「なんだまだ買ってくれというのか」という思い知らん顔していましたが、ずっとそこに立っているので、また窓を開け「いらないよ」といいました。
するとその子はその花をまた差し出してきました。しょうがないのでまたお金をさしだそうとすると、その子は手を振りました。
どうやら最初に払ったお金が少し多かったようで、もらってほしかったようです。
その子は車の外から信号が変わり車が走り出すまでずっと満面の笑顔で手を振っていました。
かわいそうだから買ってあげようなどと思った自分の心の貧しさが恥ずかしくなりました。
今日もまた頑張って花を売っていることでしょう。
あんな一生懸命に花をうっている子でも健全に学校に行け、働ける社会がバングラディッシュにも訪れることを切に願うばかりです。


スポンサーサイト
17:31:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ご紹介 | ホーム | マルボロ>>
コメント
--女の子--

地球上で同じ時代に 生きているのですよね。
同じ24時間の時を 生きているのですよね。

ジンとしました・・・・・。


施設長 頑張ってください!
by: マネージャー * 2008/06/10 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://artistr.blog68.fc2.com/tb.php/232-b670b715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。